2018年11月9日

石垣島を自転車でぶっ飛ばす <準備編>

学生時代、誰もが一度は「自転車でめちゃめちゃ遠くまで行きたくなる」衝動におそわれると思います。

中学のとき、静岡市から焼津市まで自転車で行くクラスメイトがいました。部活終わりに、往復30kmです。なかなかやりますね。
大学のときのバイト仲間には、千葉市から木更津のアウトレットまでママチャリで行くバカがいました。しかも真夏。往復90km。頭おかしいです。

自分もそこまで遠くはないものの、中学時代に数回、3時間かけて往復20kmくらいしました。コロンブスの大航海と自分を重ねて(そのとき社会で習ったばかり)、大海原へでるような気持ちでワクワクしたものです。

社会人3年目にもなって、久しぶりにその衝動におそわれた僕は、石垣島を自転車でぶっ飛ばすことにしました。

まずは情報収集。GoogleMap で測定すると、石垣島1周でおよそ120kmであることが分かります。「ぶっ飛ばす」と張り切っていたのに、120kmという数字を見て、早速弱気になっている自分がいることに気が付きます。

いやいや、、、落ち着いて、、、冷静に考えましょう。
120km なので、20km/h だとして6時間。休憩を入れると8時間。さらにママチャリ経験しかないので、もっと時間がかかることが予測されます。体力に自信があるわけでもないので、、、うん、やっぱり無理だ。1周は厳しそうだと見当がつきました。

Googleで「石垣島 サイクリング」と検索すると、体験談が書かれたブログはすぐに見つかります。

やはりみなさん、8時間くらいはかかっていますね。1つ目の方はマウンテンバイクを飛行機で輸送するほどの経験者。それでも「お尻が痛い」と書いています。3つ目の方は空港からそのまま出発するという強者です。
アップダウンが激しいというのは、みなさん共通して書かれていますね。

素人が島一周を目指すのはやめましょう。行けるところまで行く。やばくなる前に帰る。一周することは目的じゃない。だって、楽しむために行ってるんだもの。 それくらいの軽い気持ちで臨むことにしました。

サイクリング当日。最高気温28度。直射日光がするどいです。愛知はコートを着るほど寒かったのに、こちらは完全に夏の気候です。

港近くのブルーカフェでモーニングをいただいて腹ごしらえ。窓から見える景色は、まるで日本じゃないみたい。

とぼとぼ日陰を選んで歩き、丸玄新栄自転車商会へ向かいます。マウンテンバイクが1日1500円でレンタルできました。

11時。いよいよ出発! どこまで行けるかな。海岸沿いを走りながら、まずは13km先の やいま村 を目指します。

<当日編>に続く