2016年10月25日

シンプル・イズ・ベストで、必要最低限をとにかく安く

 ついこの間まで「宿泊費って高いんだ」ということを知りませんでした。2週間ほど前の3連休を使って東京に遊びに行ったのですが、ホテルなんて寝るだけでいいから1泊1000~2000円で見つかるだろうと思っていた自分は甘かったです。ざっと調べたら1泊1万円は当たり前。金曜の夜から新幹線で行く予定だったので、3泊で3万円! 寝るだけなのに…(泣)

 毎晩飲む予定があり、宿には夜遅く帰ってきてシャワーを浴びたら即就寝。だから、アメニティも、充実した施設も、オシャレなロビーもいりません。サービスの質なんて気にしないから、できれば2000円以内でとにかく安くて寝れればOK。ロケーションも都心ならどこでもいい(大学時代、東京で友達と飲んだあと1時間半かけて千葉に帰っていていたのに比べれば、都心ならどこでも”好立地”です)。

 そういう理由でいろいろホテルを探していたら、ありました。エコノミーホテルほていや という、南千住にあるホテルです。さすがに1泊2000円以内は無理でしたが、2900円とかなり安かったです(2人以上だったら1人当たり本当に2000円以内になる)。南千住はここに限らず、通称”ドヤ”と呼ばれる安宿がたくさんあり、門限の有無など多少の差はあれど、おおむねこのくらいの値段で寝泊まりができるようです。


▲広さ3畳。本当に必要最低限に抑えてあります。冷蔵庫があるのが意外と便利でうれしい。

 エコノミーホテルほていやのホームページに書いてあるのですが

ホテルの無駄なサービスと上乗せされる宿泊代…
『ほていや』はそのことに今まで疑問を感じていた旅行者にピッタリの宿泊システムです

 余分なサービスなんていらないから、ソリッドな中身だけがほしいというのは本当にそう思います。言い換えるなら「明朗会計」で、高い値段の中にどんなサービス料金が含まれているか分からないようなものよりも、目に見える分だけのものを最低限の料金でポンと分かりやすいものの方が気分がいいです。
 ホテル以外では、例えばスマホ。「機体0円」と言っているのをよく見ますが、「絶対そんなわけないじゃん!」と思います。そこで安くなっている分、絶対にどこかでツケを払わされているわけで、それが毎月8000円などといった通信料金などに含まれているのだと思います。冷静に考えれば、8000円なんて高すぎるから、通信料以外にいろいろ入っているのだと思う。その内訳が分からない感じ、ウヤムヤにされている感じがいや。
 その点、MVNO(通称 格安SIM)は分かりやすいです。まず、機体そのものは3万円くらいします。それは確かに大きな出費だけど、いろんな技術がこのちっちゃいコンピュータの中に詰め込まれているのだから、3万円くらいするのは納得できる。そして、SIMカードの通信料は毎月1600円。それで電話もできてネットも使えるんだから、文句はない。出費は以上。大変わかりやすい。それに何より、安い。

 千葉 → 静岡に引っ越しをした時も、大手の引っ越し専門業者は使わずに、赤帽にお願いしました。聞いた話なのですが、大手の業者だとネットには5万円と書いてあるからそれだけで済むと思ったら、5万円分のスペースが厳密に決まっていて、それを超えたらスペース2つ分で10万円、3つ分で15万円と、なんだかんだで最初に思っていた金額よりもどんどん高くなる、とのことです。いかにもありそうな話だと思いました。自転車やソファがあったりしたら、スペース1つ分なんてすぐに埋まってしまいます。5万円で全部収まるように見せるのもちょっと姑息な感じがしてイヤだし、仮に10万円で済んだとして、そのうち本当はいくら”引っ越し料金”がかかっているのか、そのあたりのシステムが分からない感じがモヤモヤして気が進みません。
 その点、赤帽の料金体系は分かりやすくて、電話で「千葉から静岡に引っ越ししたいんですけど、いくらくらいになりますか?」と聞いたら「ああ、○万円でいいですよ」と言われ、当日は赤帽のおじさんと一緒に荷物を軽トラ1台に詰め込んで、助手席に乗せてもらって静岡まで一緒に移動し(だから交通費が浮く)、到着したら一緒に荷物を降ろして、最初に言われた金額を払って、それだけでした。具体的な金額は差支えがあるので伏せましたが、思っていたよりも全然安かったです。内訳もわかりやすいですね。実費はガソリン代と高速代で、それ以外は取り分。おまけに移動中にはおじさんのイイ話もついてきます(笑)
 (ちなみに「赤帽」というのは業者の名前ではなく、連合の名前です。それぞれが「赤帽」の名前を使っているだけで、あくまで個人事業主です。なのでここに書いたようなサービスが必ず受けられるわけではないと思います)

 そんなわけで、シンプル・イズ・ベストがいいです。こういうところは必要最低限に、安く済ませるのが僕のポリシーです。