2016年9月6日

犬山の成り立ちを調べてみる

 ブラタモリというTV番組が好きでよく見ています。町の中に残された歴史の痕跡をぶらぶら歩いてみて回りながら、それがどういう経緯で作られたものか考え、おもに地形や歴史の観点からその町の成り立ちに切り込んでいくのですが、これが非常に面白い。
 そういうのを見ると、自分の住んでいる街についても調べてみたくなるのが中二病のさがなのです。本当は「犬山でブラタモリ!」ってやってくれるのが一番なんですけど、まぁ来てくれないでしょうね(笑)

 色々ネットサーフィンしてみたのですが、さすがに一気に調べ切るのは難しいので、ヒントになりそうなサイトをまずはピックアップしてみました。

野外研修「歴史災害と地球環境の変動を見る- 根尾谷断層と犬山チャート」(PDF)
 少し調べてみた限りでは、犬山の地質は「チャート」というプランクトンの死骸が固まってできたものがメインとなっているようです。そのチャートについて詳しく研究されている大阪市立大学の八尾昭先生という方が書かれた報告書がこちら。かなり濃い内容のようなので、しっかり腰を据えて読むことにします。

チャート | 名古屋市立科学館
 さきほど書いたチャートと犬山にどのような関係があるか簡潔に書かれています。
 要旨は「地球の生物の95%が絶滅した原因が分かっていなかったが、そのころの犬山のチャートを見ると酸素が少なかったことが分かった。つまり大量絶滅の原因は、酸欠だと考えらえる」ということだそうです。犬山のチャートからそんなすごいことが分かるんですね。

濃尾平野・輪中の歴史 | 玉川大学・玉川学園
 今度は川の流れについて。このサイトに書かれていることのポイントは次の3つ。

(1) 昔は右図のように、木曽川・長良川・揖斐川からたくさんの小さい川に派生していたが、それをなくすために3つの川に堤防を作った(このような堤防を輪中という)。

(2) 護岸ができたことで逃げ場のなくなった水はどんどんと高さを増し、天井川(地上より水面のほうが高い川)となり、洪水が起きやすくなった(江戸時代)。

(3) 洪水を防ぐために、オランダ人のケレップさんによる工事が行われた(1887年~1912年)。

 ということは、次の検索ワードは「輪中 ケレップ」ですね。
 ちなみに輪中については、NHKがこのサイトで動画付きで解説していました。映像つきでイメージがつかめるのでオススメです。
 で、ここから先はあまり詳しく調べていないのですが、Wikipedia先生によるとケレップさんが行ったこの大工事のことを木曽三川分流工事というらしいですね。ざっと見た感じでは、参考になりそうなサイトは
水から土地を守る,輪中 ―大地への刻印
木曽三川の勉強メモ
あたりですが、まあおいおい読んでみるとします。
 あとは輪中での暮らしとケレップさんの工事について輪中のくらしに詳しく書かれています。まだ少ししか読んでいないのですが、これが小学校のホームページのコンテンツとして公開されているのに驚きです。

岐阜の地学 / 地形 / 濃尾平野
 木曽川・長良川・揖斐川が流れている濃尾平野。これについてもある程度知っておいたほうがいいでしょう。あとでどのような形で「チャート」や「木曽三川分流工事」とつながってくるか分かりませんが、伏線は張っておくのが大事だと思います。
 ここで1つポイントになると思われるのが養老‐伊勢湾断層です。上の写真でも川の流れが「く」の字のように曲がっているのが分かりますが、それはこの断層が影響しているとのこと。「く」の字のとがっている部分=西側が一番低い部分となっているようです。

犬山城の天守台と地形
 最後に歴史系を1つ。
 犬山には犬山城という天守閣があり、その天守台には先ほど紹介したチャートが使われているようです。固い石なので、土台には向いているのでしょうか。また詳しく調べてみようと思います。

 今日はとりあえず以上。また気が向いたら深堀りします(笑)

2016年9月14日

多治見での出会い

 先週の土日は、こんなところで一泊していました。


 岐阜県多治見市の市之倉にある、住吉窯というところです。
 ”窯”ですから陶芸がメインなのですが、陶芸をやりに来たわけでもないのに「部屋空いてるから泊って行っていいよ」というので、お言葉に甘えてご厚意で一泊させてもらいました。


 陶芸家さんとお話ができたのも楽しかったですが、他にもここのお手伝いさんとか、陶芸を習っている生徒さんとか、先生の学生時代からのお友達とか、ただコーヒーを飲みに来たお客さんとか(小さいカフェも併設してる)、いろんな人が立ち寄っていく「気まぐれ交差点」になっていたのが面白かったです。
 多分こういうところって、探そうとすればするほど見つからないんだろうな。自分も探して見つけたわけではなくて、たまたま縁があって呼んでもらいました。


▲こんなことして遊んでただけなんですけどね(笑)

 自分の場合はどういうきっかけだったかというと、もともと器に興味があったこともあり、「せっかく器の町 多治見市の近くに住んでることだし、どんなところなのかちょっと見に行ってみるか。ついでにいい器があったら買って帰ろうかな」と出掛けたのがきっかけです。駅のあたりは行ったことがあったので、今回はちょっとマイナーな市之倉に行くことにしました。それが1か月前(8月中旬)の話です。

 お盆だから混んでたらいやだと思っていたのですが、混んでるどころか祭日でどこも閉店。もちろん客はほぼゼロ。おまけに日差しを避けて住民の姿すらどこにも見えません(多治見は最高気温の日本記録でも有名)。地図に載っている店や窯元にも歩いて訪ねたのですが、開いていたのは2軒だけでした。本当に、暑いし、成果はないし、心も体もクタクタです。

 「よし、最後にメインストリートから一番離れたこの窯元だけ見に行ってみよう。そこだけ確認したら、帰って昼寝する!」と一縷の望みをかけて足を運んだのが、住吉窯でした。
 そこも本当は「Closed」とあったので帰ろうとしたのですが、「あ、よかったらコーヒー飲んでいきます?」と声をかけてもらって、ゆっくりくつろいだあと、窯の見学もさせてもらいました。
 「ここ、いいところですね。なんだか落ち着きます」って言ったら「また今度ゆっくり遊びに来てください」というので、本当に遊びに行った次第です。

 こんな経緯で住吉窯に泊まることになったのであります。奇遇とはまさにこのことで「そんなこともあるんだ」っていう気もします。でもそれと同じくらい「そういうもんだ」っていう気もします。


▲物置で、ろくろの上に置かれた扇風機。
「これなら扇風機の首を振らなくて済みますね」と冗談を言ったら笑ってくれました
2016年9月21日

探検しとけばよかった

 自分が大学に千葉を選んだのは、東京に行ってみたいからという単純な理由でした。
 テレビではよく流れる渋谷のスクランブル交差点、浅草の雷門、新宿駅前広場などの映像。それを見るたびに「どんなところなんだろう」と疑問に思っていました。こんなこと書くのは恥ずかしいですが、都会への憧れみたいなものだと思います。

 それなのにワガママなもので、いったん住み始めてしまうと特に感動を覚えることもなくなります。渋谷のスクランブル交差点を初めて渡ったときは「おお!俺は今、”あの”スクランブル交差点を渡っているぞ!」と興奮して隣にいた友達(江東区出身)に苦笑いされましたが、2回目以降はただの「混んでいる道」です。というか、好きなバンドのライブを見に行くとき以外は渋谷なんてほとんど行きませんでした。新宿も池袋も秋葉原もそんな感じです。好きでも嫌いでもなく、単に用があるから行くだけで、その土地に思い入れはなく、その用事が達成できれば別にどこでもいいと思っていました。まあ、浅草はなんとなく好きだったから、ときどきあげまんぢゅう食べに寄り道していましたけどね。

 そんなこんなで大学生活も終わり、今は愛知(ちょっと前まで岐阜)に住んでます。
 そして今ごろになって思うのは「もっと東京を探検しとけばよかったー!」ということです。

 この間も、マツコデラックスの「夜の巷を徘徊する」っていう番組で奥渋谷の映像を見ていたら「面白そうなところだなー。どんな所なのか1回見に行きたいなー」とふと思ったのですが、もう今さら行けないですよね。千葉に住んでた時は行こうと思えばいつでも行けたのに、せっかくのチャンスを逃してしまったんです。もし今何かの用事で東京に行って、自由な時間があったとしても、その取りこぼしを拾おうとは思えないです。もったいなくて。
 そういえば、Suntory Saturday Waiting Bar Avanti っていう麻布のバーを舞台にしたラジオがずっと好きだったのに、結局麻布も行かずじまいだったなー。

 あと、先ほど「単に用があるから行くだけ」と書きましたが、その「単に行っただけ」のことが話のネタになることも多いです。例えば僕は1回だけ吉祥寺に行ったことがありまして、そのときは吉祥寺シアターで2時間の舞台を見て、終わったあと駅前の商店街を小一時間歩いて帰ってきただけなのですが、そのあと吉祥寺に住んでいた人と会ったときは、その3時間の経験だけでけっこう話が通じました。「あ、吉祥寺シアター行ったことあるの!? 自分だいたいあっちの方面に住んでたんだよ」「そうなんだ。その先のファミマまでは行ったんだけど、そこで引き返しちゃったな。あの先ってどうなってるの?」「あそこを境に、一気に街中から住宅地に変わってね…」みたいな。まあ、こうやって書くとつまらなそうですけど、遠い場所でそういう話をするのって結構楽しいんですよ。

 さて、この失敗談をどう生かしましょうか。まぁ別にそんな無理して生かすほどの失敗談でもないのかもしれないですが、せっかくだから愛知と岐阜の市町村は全部行ってみるとかどうでしょう。まぁそこまでコレクターみたいにきちきちやるのも、なんだか目的を見失っているようでどうかとも思いますが、あとになって「せっかく愛知(岐阜)に住んでたのに」みたいな後悔はしないようにしたいと思います。