2016年7月2日

英語の「だいたい分かる」という壁を乗り越える

 「日本で英語を勉強してもたかが知れてる。(だからとっとと海外に行っちゃった方がいい)」というのは確かにその通りだと思います。でも一方で、日本にいるなら日本にいるなりに「やり方」ってものがあるんじゃないか、とも思います。

 例えば精聴。リスニングで聞き取れない部分を何十回も、何百回も繰り返し聞いて、1つでも多くの単語を拾い出せるようにしようという勉強方法です。
 「何百回も」というのは誇張ではなく、本当に「何百回も」繰り返して聞くんです。

 自慢じゃないのですが、僕はオーストラリアを旅していた1年間、ほとんど英語の勉強をしませんでした(我ながら本当に自慢になってないな)。どちらかというと文化とか新しい体験とかそういう方向に重点を置いていたため、英語の勉強は優先順位がかなり劣後していたのです。ヒマな日があったら友達をご飯に誘ったり、バスに揺られて行ったことがない町に行って散歩したりしていたため、何百回も同じ文章を聞こうなんて全く思いませんでした。あれはあれで貴重な体験だったので全く後悔はしていませんが、帰国後も英語は全く上達していませんでした。

 だから日本にいる間というのは、精聴などのひたすら地味で忍耐を必要とする勉強ができるチャンスではないかと思います。必要な時にそういった勉強をしないと、頭打ちになるときというのは必ず来ると思います。

 ところで、話は少し飛びますが(あとで合流します)、僕はネイティブの言ってることがだいたい分かるというレベルで何年も足踏みしています。
 ネイティブがバーッとしゃべる中で肝となる単語を拾い出して(それすらもほんの一部ですが)「だいたいこんなテーマについて話をしていて、それについてよく思ってる or 悪く思っている」くらいのことは分かります。

 でも、細かい部分は分からない。特に分からないのが文頭。例えば友達に「Why don't you have dinner with us?」と食事に誘われたとします。このときネイティブは「Why don't you」の部分は0.5秒くらいでゴニョゴニョッというだけなので聞き取りずらく、僕だったら「have dinner」くらいしか理解できません。さすがに大事な部分は強調してくれますから。

 まあそれだけでも、だいたい言いたいことは分かるわけです。少なくとも上野動物園のパンダを見たことがあるかと聞かれているわけでもなければ、富士山はなぜ美しいのかと聞かれているわけではないくらいは分かる。それに比べれば「夕飯について何か言ってるな」って分かるだけでも、正解にかなり近いと言えます。

 でも「だいたい」だとやはり限界があります。例えばこの質問に対して「夕飯に何を食べるつもりなの?って質問してるんだな」と勝手に想像して「I'm going to make curry.」などと答えてしまうと失敗。自分も知らないうちに誘いを断ることになってしまいます。それも、かなり嫌味な断り方で。
 実際、こういうことはしょっちゅうありました。「将来どういう仕事をするの?」と質問されて、仕事について聞かれているのは分かったものの、時制を聞き間違えてしまい、過去にやったことのあるバイトを答えてしまったことがあります。このような失敗は本当にたくさんありましたし、相手が気を使って指摘しなかっただけで、実際はトンチンカンなこと答えていたことも山ほどあるのだろうと思います。

 「だいたい分かる」という壁を乗り越えたい。ゴニョゴニョとしゃべる部分もちゃんと聞き取れるようになりたい。そんな思いで、今は精聴をやっています。
 昔買った「ターミネーター サラコナー・クロニクルズ」というアメドラの DVD BOX を1日1話見返しています。話が面白いから買ったものの、今やすっかり英語の勉強用。すでに5~6回は通してみたと思いますが、今回は精聴に焦点を当て、ゴニョゴニョとしゃべる部分をひたすらリピート&リピートしています。何回聞いても分からなかったら英語字幕で確認して、そのたびに「そこ、r じゃなくて t の音だったのか!」や「今の台詞の中に you なんて単語、入ってたの? … あー、でもそう思って聞き返すと、ャ って入ってるようにも聞こえるなあ」などと納得しては、再び字幕を消してリピート&リピート。1話45分のストーリーを見るのに 1時間半~2時間くらいかかっています。さすがにイヤになるときもありますが、続けるしかないんですよね。

 以上、英語についての個人的な問題点でしたが、同じような所でつまずいている人もいるかもしれないので書いてみました。
 未来の自分がコレを読んだら「あはは、そーいえばあの時の俺は、こんなこともできなかったんだな」って言えるようになっていますよーに。