国立科学博物館に行ってきました

この前の土曜日はなーんにもすることがなかったので、一人ぼっちで上野にある国立科学博物館に行ってきました。
国立科学博物館@上野
博物館とか美術館に集団で行く機会はときどきありますが、旅行の日程の中に組み込まれていてかなり時間制限があることが多く、意外とじっくり見ることがありません(メルボルンの NGV Museum とか、シドニーの語学学校では授業の一環で Powerhouse Museum にも行ったなー)。曲がりなりにも自分は大学で工学部のお勉強をしていますので、今回は知識をガッツリ仕入れるつもりでいきました。


今回行って思ったのは、展示物の解説の文章、すごくよくできてるなーということです。

例えばこれ↓は、象のはく製のところにあった解説。「象はなぜ体が大きいのか」について書いてあります(写真クリックで拡大)
象はなぜ体が大きいのか
いやぁ、いい文章ですね。
何がいいかって
①専門知識のない人でも理解できるような分かりやすい文章
②進化生物学の面白い部分だけをいいトコ取り
③「へぇ、いいこと知った」と思わせる、トリビアの泉みたいな感じ


特に①の「専門知識のない人でも理解できるような分かりやすい文章」っていうのは本当に感心しました。
自分も大学の教科書とか論文とか読む機会が多いのですが、「人に読んでもらおうって思ってるのかな、これ書いた人」って文句言いたくなるくらい難しいのが本当に多くて、正直楽しくないことが多いです。文章がヘタというわけではなく(それもあるけど(人のこと言えないけど))、人に読ませる気がないんじゃないかと思うくらいの難解さ。恐らく、ものすごくレベルの高い人を読者に想定してるからそうなるのだと思います。まぁ要するに僕が勉強不足なだけなので悪いのはこっちですし、「これの意味が分かるように勉強しなきゃ」ってモチベーションになるのですが、「もうちょっとなんとかならないのかな」というのが正直なところです。その難解さのせいで外部を寄せ付けない閉鎖的な空気が生まれるのは気持ち悪いし、難しいことを難しく言うのなんて誰でもできるし。

そういう鬱憤が普段からたまってるから、こういうのを見たときは感動しました。心の中でスタンディングオベーションしてました。教科書とか論文もこんな風だったらよかったのに。

あと、これ↓も面白いです。赤ちゃんの頭が大きい理由について分かりやすく書かれています。
赤ちゃんの頭はなぜ大きいのか
とは言え、周りを見るとほとんどの客はカップルか子供連れの親子。こんなのをじっくり読む人はあんまりいないんでしょうね(笑)
でも、そういう客層の人たちも楽しめるようになってるのがすごいところ。↓こういうのは、誰が見ても「おー!」ってなりますよね。子供なんて大はしゃぎしてましたよ。
恐竜写真の引用元:coshi.exblog.jp
それと、こういうのもありました↓
科学技術で地球を探る
どんなに理系教科は嫌いって人でも、科学の神秘に対する魅力みたいなものは感じると思うのですが、人の心の奥底にあるそういった部分をくすぐるキャッチコピー。すごくいいと思います。


ちなみに僕みたいな理系大学生はどういう楽しみ方をするのかというと、
水の三重点
(水の三重点の解説か。高校の化学の授業で習ったけど、結構手加減なしで書いてあるなぁ)
※水は普通100℃で沸騰しますが、富士山の山頂だと約90℃で沸騰します。気圧が低くなると沸騰する温度が下がるのですが、それをもっと厳密に表すとこういうグラフになる。
Maxwell方程式
(電磁気学のMaxwell方程式じゃん。なんで扉に書いてあるの? (扉にあるのぞき穴をのぞいてみるとアポロ11号の着陸の写真が見える) Maxwell方程式とアポロ11号ってなんか関係あるのかなぁ? ググっても特別な関係はなさそうだし、これはただの思わせぶりだろうかな)


って楽しみ方をします。僕みたいな客層も十分楽しめるようになっています。


★おまけ★

ついでにアメ横にある地下食品街のアジアンマーケットに、食材を物色しに行ってきました。
アメ横の地下食品街
オーストラリアにいたとき最後の2ヵ月は Ashfield っていう中国人の多い町に住んでたんですけど、こんな店がたくさんあったなぁ。この感じ、超なつかしい。