裁判の傍聴に行ってきました

 前々から興味があった裁判の傍聴に、ついに行って参りました。

 「裁判は気軽に見れる」ってことを知ったのは、オードリーのオールナイトニッポンで若林が話してたのがきっかけです(2010年10月9日放送)。若林は仕事のない時代、タダで見れるのがきっかけで裁判の傍聴によく行っていたとのことで、「被告人が多すぎて裁判官が名前を覚えられない」「紙を用意して名前を書かせたが、同じ苗字の人がいる」といったことを面白おかしくしゃべっていたのですが、それを聞いて誰でも特に予約などせずに見に行くことができるということを知りました。その時はそれだけで終わりだったのですが、先日ふとその放送を思い出し、調べてみたら千葉地方裁判所が結構近かったので、見に行ったという経緯です。
(写真の引用元 千葉地方裁判所
 特に持ち物もいらないので、手ブラで行きました。受付で「あのー、初めて裁判”見学”に来たんですけどー」と言うと「裁判の”傍聴”ですね。こちらに本日開かれる裁判の一覧がございますが、刑事と民事のどちらにいたしますか?」など、親切丁寧に教えていただきました。”見学”じゃなくて”傍聴”なんですね(^^;)

 いろいろあった中で迷ったものの、この道路交通法違反の事件をチョイス。「新件」は事件の顛末をイチから確認するため、事件の内容を知ることができます。

 ちなみに、事件の内容って「窃盗」「過失運転致傷」みたいに、ホントにあっさりにしか書いてないんですね。正直これだけじゃ何も分からないですけど、逆に言えば、そんなことで判断してもしょうがないってことなのかもしれません。
 傍聴席に入ったのは、裁判が始まってから約2,3分後。事前にネットで調べたら「始まってからは入れない」みたいなことも書いてあるページもありましたが、少なくとも千葉地方裁判所ではOKでした。もちろん途中退席もOK。

 扉をあけたら、右に弁護士さんと被告人、左に検察の女の人、前に裁判官と多分書記。うわぁ、テレビで見たことあるやつだ。被告人は背筋をピンと伸ばし、前だけをじーっと見ています。でも明らかに緊張している。弁護士の人と練習したのかな。僕が入っても見向きもしません。服はスーツではなく、Tシャツとチノパン。こんなラフな格好でいいんですね。

 ちなみに僕は民事と刑事の違いも自信を持って答えられないくらいの素人。傍聴していて疑問がたくさん湧いてきました。自分用のメモもかねて、裁判の進行と一緒に疑問も書いておきたいと思います。

 まず始まった直後、事件の概要について聞くことができました。大まかな流れは

11PM 友達と会う予定があったので、一人で車で千葉へ。
11PM~1AM 友達と連絡が取れなかったので、暇つぶしに店で飲酒
1AM~3AM 車で2時間仮眠。
3AM 車で家に帰る途中に、赤信号で停車中の前の車に衝突(相手は軽傷)。警察が来たため、飲酒運転が発覚。

という経緯。これを弁護士と被告人の一問一答形式でやるわけですけど、なんで一問一答? 弁護士さんは被告人とすでに話して、事件の内容について知ってはずだから、今さら質問するようなことはないんじゃないの?
 本来は被告人が「~~という経緯で事件を起こしてしまいました」って全部話せるのが一番いいんでしょうけど、場慣れしてなくてそんなにうまく話せないから、一問一答形式にしてるってことだと推測しました。
 もう一つ疑問が湧くのは、裁判官は事件の内容についていつ知るのか? このとき初めて? それともあからじめ知っているのか?
 このとき初めて知るとしたら「前もって準備しないなんて、そんな仕事で大丈夫なの?」って思うし、あらかじめ知ってるとしたら「それは偏った意見じゃないの?大丈夫?」って思う。

 次に検察官(どうでもいいけど、検察官の女の人に美人が多かったのは気のせいか?)の人から被告人へ質問。
 質問の焦点は「店で飲酒したとき、運転して帰るつもりだったのかどうか」。検察官の人がそこをしつこく尋ねるから、被告人は「6AMくらいまで車で寝てから帰るつもりだった」と断言したのですが、実際は「店を出るときの体調とか時刻次第では、運転する可能性もあったし、しっかり仮眠する可能性もあったし、タクシーの可能性もあった」って感じだったんじゃないんでしょうか。そんな最初から決め打ちするわけないでしょ。でもそんなあいまいな答えは許されない雰囲気だし、自分の刑のことを考えても「最初からは飲酒運転するつもりはなかった」って言うしかないのでしょうか。
 検察官の話した内容で疑問なのは「どこまで自力で調査し、被告人の話す内容はどの程度参考にしているのか?」ということ。この事件では、被告人は最初から事実関係については全て認めており、質問にも丁寧に答えていました。それを信用すれば検察は事件について調査する手間を省けるのでしょうけど、やっぱり被告人は嘘をつく可能性はあるし、自分たちで調べる必要があるのでしょう。とはいえ、ゼロから全部調べ上げるのは大変だから、被告人からある程度は話を聞くのでしょうか。その線引きがどこにあるのかが気になりました

 次に被告人が反省の言葉を述べます。
 この人の場合、前科もないようですし、見た目もきちんとしてるし、「やっちゃったよ…」ってオーラが出てました。ちゃんと反省してて、二度と同じことを繰り返さないように僕には見えたのですが、裁判官の目にはどのように映ったのか、気になるところです。
 
 そして、検察の求刑は7か月。飲酒運転を社会から撲滅!ってことをかなり強調していました。弁護士は執行猶予を裁判官に求めます。

 最後に判決を言い渡す日時について。「7月×日の午後はどうでしょう?」「あ、その日は遅い時間に○○にいますので、午後の早い時間帯でしたら」「私も午後の早い時間なら空いています」「では、13時50分はどうでしょうか」みたいな流れで決めてました。オードリー若林はラジオで「いつ飲む?みたいな感じで決める」って例えてましたが、本当にその通りで、あれは見ていてちょっと面白かったです(笑)

 全体的に思ったのは、声ちっちゃい&しゃべるの早い!
 特に検察官は事件発生の住所とか時刻とかを見てる以外はほとんど無意識に話しているように見えて、慣れてるな~って思いました。とはいえ、僕のいる傍聴席に聞こえるくらいの声量は出してほしい(笑)
 それと、気のせいかもしれないけど、検察官の人が淡々と進めてる感じがしました。悪い言い方ですが、人間味が無くて単純作業的にこなしてるだけのように見えてしまいました。一方、弁護士の人は被告人との信頼関係もあるだろうし、終始おだやかなままでした。ここら辺は、裁判の前にお互いどのような準備をしなければいけないのか、あるいは検察官/弁護士は社会の中でどのような立ち位置や役割にあって、どのような信念のもとに仕事をしているのか、もっと知りたいと思いました。

 傍聴が終わった後にトイレに寄ってからエレベーターに乗ろうとすると、さっきの弁護士と被告人と一緒になりました。僕はちょっと気まずかったですが、向こうは意に介する様子はなく、「明日から仕事大変だね~」といつも通りの調子でしゃべっていました。法廷にいるときとは打って変わって、リラックスした被告人の顔が印象的でした。

 もう一つ裁判を見たのですが、こちらは判決なので、15分くらいで言い渡して終わり。ただし先ほどの事件とは違い、被告人は傍聴席側ではなく、奥の扉から警察2人に挟まれて入ってきました。人が手錠をかけられてるの初めて見た…! そして、一瞬睨まれてちょっとビクッとした! どんだけ平和ボケしてるんだ、俺…。


 今回は分からないことだらけで、裁判のことについてあまり理解できなかったように思います。パンフレットも受付の人にもらったことだし、少しは勉強しようと思いました。次はもっと深いところまで理解したいです。

納得してない - 南三陸に行ってきました

 南三陸へ行ってまいりました。2年ぶり3回目です。
 東北ボランティアですけど、ボランティアなようでいてボランティアじゃないというか、それについてはまた腰を据えて書くとして。。。

旧南三陸防災対策庁舎
旧南三陸防災対策庁舎
旧大川小学校
旧大川小学校

 今回印象的だったのは、南三陸に移住した人/長期滞在してる人との出会いでした。

 もし明日から大学に行かなくていいってことになったら、僕は絶対に南三陸に半年は住みます。南三陸は人を惹きつける魅力がありますし、僕にとって思いの詰まった場所でもあるのです(これも今度詳しく書きたい)。

 そのような気持ちがありながらも、実際は「まずは大学を卒業して~」とか「社会経験を積まないと~」とか言ってるんですよね、自分。
 「海外に1年間行きたいな」って言う人に対しては「そんなこと言ってると永遠に行けないよ~」とか言っているにもかかわらず、結局は自分もタラレバの話をしていたんです。情けない。
 これは今に始まったことではなく、ずっと頭の片隅にあって葛藤していたことではあるのですが、今回は実際に知り合いが現地に住んでいるのを見て、思いが押し寄せてきました。みんな清々しい顔してるんですよ。

 今すぐにでもやりたいことは、南三陸に住むこと。そこでおいしいご飯を食べながら、現地で素晴らしい仲間と一緒に暮らしたい。
 同時に、やっぱり社会経験は積んでおきたい。何かしらのスキルは身につけたいし、企業や社会全体がどうやってまわっているのかは自分で見てみたい。そのためには 大学卒業→就職 って流れが一番でしょう。
 もっと長期的には、海外に住みたい。オーストラリアから帰ってきて、成田~家まで1時間電車に乗っているときに、「あ、一生ココにいたらヤバい」って思って、その瞬間海外に住もうって心に決めました。何年かかるか分からないけど、絶対に実現したい。
 他にも挙げればキリがないんですけど、やりたいことが多すぎて、あっちを立てればこっちが立たず。
 なんなんでしょうね。この気持ち。歯車が噛み合ってはいるんだけど、ギア比がおかしいからうまく前に進まない感じ。

 上手く言えないんですけど、「大学は卒業したい!」とか言ってるのが、言い訳してるみたいですごくイヤなんですよ。果たしてそれが「言い訳」なのか?って問題はあるんですけどね。将来に向けて力をためてるっていうのは確かだから、小学生が宿題をやらずに言い訳するのとは違うと思います。
 でも本当の問題点はそこじゃなくて、「それで納得してるの?」ってところだと思います。後になって後悔だけは絶対にしたくないですから。
 それで言ったら、正直全然納得してないですよねー。

 よくないよくない。これは一回気合を入れなおさなければ。ブログのタイトルをよく見なさい、自分。これを忘れたらダメ。
 南三陸からの帰り道に読んだ「アルケミスト-夢を旅した少年」から、自分への戒めに一文引用して締めます。

傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだと、お前の心に言ってやるがよい。夢を追求している時は、心はけっして傷つかない。それは、追求の一瞬一瞬が神との出会いであり、永遠との出会いだからだ

東北ボランティア参加日記《前半》

南三陸のボランティアへ行ってきましたので、その報告をしたいと思います。過去2回と同じく東北ファミリアのボランティアバスを利用しました。

金曜日の23時15分に品川駅集合。
品川駅

この日はバス2台体制。1台20人なので、およそ40人が参加しました。普段はバス1台ですが、3連休ということもあり参加者が多かったようです。
バスの運転もボランティアの人がやってくれています。1台につき2人で、休憩をとりながら交互に運転してくださります。

23時30分に品川駅出発。
自分は後ろに座っていた方と仲良くなり、0時の消灯まで話をしていました。その人はカメラの素子の研究をしているとのことで、自分の勉強してる分野に少し近いこともあり、詳しく話を聞くことができました。こういった出会いがあるのも醍醐味の一つです。

バスの中で睡眠をとり、朝6時頃に宮城県石巻市に到着。

まず訪れたのがこの大川小学校。
大川小学校
震災が起きた日に助かったのは児童108名中24名、教職員13名中3名だけという悲劇の舞台となってしまった場所です。
裏山に逃げていれば助かったものの、教職員の判断で三角地帯に逃げたため、移動中に前方から津波に襲われたとのこと。教職員の判断ミスに非難が集まっているそうですが、かといって裏山は急斜面のため、特に低学年の子供は登るのが大変。
校舎に屋上がなかったため、津波が来ているのに気付かなかったのも被害が大きかった原因の一つです。
あの裏山に上っていれば…
詳しくはココまたはWiki

次に行ったのは南三陸町の旧防災対策庁舎
旧防災対策庁舎

その後は東北ファミリアの事務所へ。ここで着替えをしたら、いよいよ班分けをしてボランティア活動へ向かうことになります。僕の仕事はネギ農家のお手伝いになりました。

「え?瓦礫撤去とかそういう仕事じゃないの?」と思われるかもしれませんが、そのような作業はもう終わっています。僕が初めて参加した2年前にはもう終わっていました。その代わり、農林漁業が大きなダメージを食らっているので、その手伝いに入ります。特に漁業の人たちは船が流されてしまいましたから、今は比較的育つのが早いワカメを養殖しています。また震災の後、地元を離れてしまった若者が多いので、どの農家も人手不足が深刻だそうです。

移動の前に、東北ファミリアを運営する鈴木さんから挨拶。
「今回は初参加の方が多く、『私なんかで力になれるのでしょうか』と心配のメールをたくさんいただきましたが、心配無用です。震災から4年もたったのに皆さんが南三陸に来てくれるだけで地元の方々は喜んでくれます。だから、皆さんがここにいる時点でボランティアの80%は完了です。そして、別に『力になろう!』なんて考えなくても大丈夫です。力みすぎるのは怪我をして地元の方々に迷惑をかける原因になりますし、何にもできなかったとしても『なんだ、こんなこともできないのか!』って笑ってもらえればいいんです」
という言葉が印象的でした。


午前9時。バスでそれぞれの持ち場へ移動。

僕の働いたネギ畑
広大なネギ畑

この時期の作業は雑草抜きなので、ひたすら雑草を抜く!抜く!抜く!
オーストラリアで農作業はだいぶ経験したので、それほど大変ではありませんでした。
・・・って言いたいところですが、この日は湿度が半端じゃない…。こんなジメジメした中で農作業するのは初めて。オーストラリアでは40℃越えの日に農作業をしたことがありますが、空気は乾燥してるから、水分さえしっかり取ればそれほど大変ではありませんでした。
久しぶりの農作業なので僕は楽しかったのですが、一緒に活動した他の3人は初参加だったので、「思ってたのと違う」感はあったようです。

休憩時間中に農家の方(アメリカ人!)とお話。
彼はOGAというNPO団体の一員としてここにおり、野菜の栽培を通して地域産業の活性化させることを目的としているそうです。震災の一週間後にはこの場所へ移り、活動を始めたというお話を聞くことができました。

午後3時。作業終了。バスに乗って事務所へ戻ります。この後は待ちに待った温泉です!

東北ボランティア参加日記後半へ続く

東北ボランティア参加日記《後半》

東北ボランティア参加日記《前半》からの続き。

1日目の作業が終わった後は、気仙沼市(南三陸から車で約30分)に移動して温泉&夕食。

前回参加した2年前には共徳丸という津波で流された船が残ったままだったのですが、約1年前に解体され、今回は見ることができませんでした。

2年前の写真
共徳丸

亀の湯という温泉は津波の被害を受けた際に泥まみれになり、店主が店を畳もうとしていたところ、ボランティアの人たちがキレイにし、それ以降東京から人が来るたびに受け入れているところです。
亀の湯
ここのおばあちゃんが本当にいい人で、「もう大丈夫です」と何回も言っているにもかかわらず、無限にお菓子やお茶を出してくれます(笑)。気仙沼に行った際には是非立ち寄ってください。

その後はすぐ近くの気仙沼横丁という所で、好きな店で夕飯。
気仙沼横丁
昼間に一緒に作業をした人たちでご飯を食べているグループが多いです。
ここはすぐ近くで取れた魚&野菜を使っているので、どの店も安くておいしいです。

夜9時。南三陸に戻ってミーティング。一人一人その日の感想を話します。
ミーティング
今日どんな作業をしたか、その時何を考えていたか、現地の人たちとどんな話をしたか、そして、なぜ自分はこのボランティアに参加したのか。
テーマが決まっているわけではなく、何を話してもOK。一緒に参加した人たちの熱い思いを聞くことができます。
この日印象的だったのは、塾の先生が子供5人を連れてきていたこと。親御さんの理解も得られていて、いい先生ですね。お酒飲んで酔ってたけど(笑)


そして。夜11時。就寝zzz


次の日は6時半起床し、7時半ごろみんなで山の上で朝食。
朝食
田束山

2日目の作業はおよそ9時~12時という短い時間です。時間が限られているからしょうがないとはいえ、もっと活動したかったものです。消化不良。これはもっと長期滞在するしかないですな。

その後は事務所へ。お昼ご飯は地元の方々が用意してのが恒例になっているそうです。この日はカジキマグロをいただきました。メチャクチャおいしかった!
事務所近く

最後は南三陸さんさん商店街でお土産を買いました。
南三陸さんさん商店街
ボランティア活動もそうですが、こうやって現地で買い物をすることも支援となります。けど、そんな理屈抜きにして南三陸のご飯は本当においしいので、ついたくさん買ってしまいます。土産用にワカメ10袋と、その場で食べるクレープを買いました。

午後3時ごろ現地を出発し、夜9時過ぎに東京駅着。


全体的に食べ物のことばかりですが(笑)、南三陸に住む人と話をする機会もたくさんありますし、一緒に参加した人とも仲良くなることができて本当によかったです。2泊3日でも足りなくて、何か月でも何年でも居続けたいと思える魅力的な場所です。というか、どこかのタイミングで半年くらいは住みたいと本当に思っています。

近いうちにまた南三陸に行きます!

栃木県の大田原に行ってきました

 今週は栃木県の大田原市というところへ、2泊3日で農作業をしに行ってきました。

大田原1

 NPOメダカのがっこうというところが企画してて、本当は理念とか目標などがあるのでしょうが、よく知らないです(笑)
 というか、これがどこのNPOの活動かとかそんなことは全然意識してなくて、とにかく自然の中に住んだり、おいしいものを食べたり、そういうことを好きな人が集まってるだけ。だから実際にやることと言ったら、畑仕事をして、ビール飲んで、その農家で取れた無農薬のおいしいお米と野菜を食べて、ビール飲んで、温泉入って、ビール飲んで、寝る。そんだけ(笑)
 でもみんなそういうのが大好きな人が集まってるから、初対面でもワイワイ楽しく騒げるし、「いい汗かいたー!」って笑いあえるし、話も合う。そこらへんはワーホリに似てますね。

大田原2
 ▲寿司屋の大将がきて、カツオの解体ショー
大田原3
大田原4
大田原5

 僕が今更いうことでもないですが、緑に囲まれながらいい仲間と一緒に本当においしいものを食べる。人間の生活にとって当たり前のことを当たり前に行う。たったこれだけのことで、幸せになれるんだなーってことを久しぶりに思い出しました。

 今日の短めで(笑)

「ワクチンを接種してはいけない」みたいな目を引く系の記事について

 最近Facebookのタイムラインを見てると、「ワクチンを接種してはいけない」とか「牛乳は体に毒だから飲んではいけない」みたいな記事の多いこと多いこと。
 なるほどって思うようなものから、そんなわけねーだろって言いたくなるようなものまで様々ですが、このようないかにも人の目を引く記事とは、付き合い方をちゃんと考えないといけないなって思います。少なくともそこに書いてあることを妄信して「え!そうなの!?じゃあ、明日から牛乳飲むのやめなきゃ!」みたいなことはしたくない。

 クソ当たり前のことですが、そういった記事を読むときは「取捨選択は自分次第」ということを必ず頭に置くようにしています。


 そのように考えるのはいくつか理由があるのですが

①分かりやすく断言しちゃう人の言うことはあまり信じたくない

センター試験の国語のテクニックに「”すべて”や”絶対”のように断言している選択肢は、消去法で消しなさい」という教えがありますが、あれと同じで、「ワクチンを接種してはいけない」のように言い方をされると、僕は信じたくなくなります。

実際のところは「大まかに言うとワクチンは体によくないっていう傾向はあるけど、厳密に証明されたわけじゃないし、例外も山ほどあるし、体への影響が小さすぎてそれよりも先に寿命を迎えてしまうケースもたくさんあるし、それで助かってる人がたくさんいるのも事実だし、まだはっきりしたことは分かってないんですよ」というのが本当のところなのでしょうし、そう言ってくれればフムフムって聞くことができます。
それなのに、「ワクチンは体に悪いから飲んではいけない」とか「牛乳は体に悪い」とか「化粧品は使うな」のような言い方をされると、「こういう言い方をした方が分かりやすいんでしょ」と馬鹿にされたような気になります。それに、SEOのことも考えてるんだろうなとか穿った見方もしたくなるし、邪推かもしれないけど「本当に読者のことを考えてるんだろうか」みたいな疑いも持たずにいられません。少なくともそういうことの言う人はあまり信じず、距離をおいて参考程度に聞いておこうって思います。


②科学は完全ではない

「科学は絶対正しい」という前提で話している人が多いように思うのですが、実際はそうでもないと僕は思っています。

この間、卒業研究に関する記事にも書いたのですが、当たり前に見えることでも厳密に立証するのはめちゃくちゃ難しい(てかほぼ不可能)です。逆に言えば、研究にも必ずどこか不完全な部分があるということです。僕がそう感じるのは研究を始めた初心者だからというわけではなく、恐らく最先端の研究をされている科学者でも事情は同じでしょう。科学は完全ではないからこそ、日々進化し、新しいことが発見され続けているのだと思います。

だから自分は「ワクチンは体に良くない」のようなことを聞いても、批判的な姿勢を忘れたくありません。

もっと言えば、科学者のいうことが矛盾していることも珍しくありません。
論文を見比べればわかりますが、全く反対の結論を導き出している研究なんて山ほどあります。
「タバコは肺がんのリスクを高めるから体に良くない」という人もいれば「タバコは乳がんのリスクを減らす」ってデータもあるらしいですし。
ベジタリアン曰く「大豆には十分なたんぱく質が含まれているし、人間は肉を食べなくても生きていけることは科学者が証明している」。一方、とある医者曰く「糖質を控えてタンパク質や脂質を十分に摂るのがいい食事であり、野菜は無理に食べる必要はない」。

もうここまでくると「科学」って言葉もいい加減に聞こえてくるというか、もう科学自体に興味がなくなってきます(笑)


③人それぞれの判断基準がある

「牛乳は体に良くない」って情報を教えてくれるのはありがたいですが、だからといって「飲むな」と強制はされたくないです。牛乳を飲むことにメリットとデメリットがあり、逆に牛乳を飲まないことにもメリットとデメリットがあるのでしょう。一概に決められるわけがない。だから、どっちにするかは、それぞれの判断基準に従って決めればいいだけの話だと思います。

牛乳はおいしいし大好きなので僕は飲みます。

ちなみに、食べ物に関しては僕の判断基準は、おいしいかどうか、これだけ(笑)(一応「コストと時間の許す範囲で」という大前提はつきますが)
だから、コンビニ弁当やインスタント食品はおいしくないから基本的に食べません。「コンビニ弁当は添加物が…」という人がいますが、僕は添加物に関するの議論にはあまり興味がないです。添加物って影響が表れるのがだいぶ先のことだから、モチベーションが湧かないんですよね。
そんな知識を得るよりも、昨日書いたように「無農薬の食べ物はおいしいーー!!」ってことを実際に体験する方が、僕にとっては大きなモチベーションになります。

余談ですが、今までインフルエンザの予防接種を1回も受けたことがないのですが、巷で言われているような「予防接種は劇薬だ!」という話を信じているわけではなく、単純に「注射が痛いから」という赤ちゃんみたいな理由です(笑)

それと、僕は食器洗いをするときは合成洗剤ではなく石鹸を使っていますが、発がん性物質を怖がっているからではありません。合成洗剤だと手が荒れるから使いたくないだけです。だから、「合成洗剤と石鹸のどちらの方が環境には悪いか」という議論に参加するつもりはありません。


 冒頭の話に戻りますが、何を信じるかを最終的に決めるのは僕自身の責任です。僕たちの行動に関して、Facebook上で情報発信している医者や科学者の人たちは責任をとってくれません。自分のことは自分で決めるという当たり前のことを常に忘れないようにしたいと思います。