2017年6月7日

ceroの音楽の変化とともに、趣味が変わる

cero の新曲「陸の上の晩餐」が素晴らしい。

KIRINビールのための書き下ろされた新曲で、2つの味に合わせて2種類のアレンジが用意されている。JPLのほうがポップで聞きやすく、再生回数が多いが、ceroにとって新機軸なのは IPL の方だろうと思う。

新機軸。ceroは次々と脱皮を繰り返していくバンドだ。その変化のスピードは目を覆うばかりで、何度も驚かされてきた。

僕はceroを聞くようになったのは、去年(2016年)の1月と比較的最近だ。在日ファンクが cero とツーマンでライブをやるというので、予習したのがきっかけだ(なので、まだファンとしては新参者です)。
Youtube で聞いた Contemporary Tokyo Cruise が耳からこびりついて離れなくなり(いかないで 光よ 私たちは ここにいます 巻き戻しして…)、最初に購入したアルバム『My Lost City』からのめりこんだ。買ったのがライブ前日だったため、もっと早く買ってライブまでに聞き込みべきだったと後悔した。

それからはWorld Record, Yellow Magus, Orphans, Obscure Ride と、リリース済みの CD を次々と購入した。2016年はこればっかり繰り返して聞いていたように思う。まるで2016年は、 cero の通ってきた道を1年間に凝縮したようだった。

cero の音楽の変化に合わせて、僕の趣味も確実に変化した。特に、3rd アルバムの Obscure Ride を聞いてからはそのように思う。このアルバムを最初に聞いたときの正直な感想は「なにこれ、全然楽しくないじゃん」だった。リズムは遅いし、全体的に落ち着きすぎてる、と思った。でも何度も何度も聞くうちに、このゆったりとした心地いいリズムが、だんだんクセになってきた。
この音楽が「ネオソウル」だと知ってからは、すぐに D'Angello の Voodoo と Black Messiah を買った。一発で好きになった。どちらのアルバムも、今では大のお気に入りだ。

しかしこうしている間にも cero はさらに変化を続けていた。昨年のModern Steps Tour ではサポートメンバーを一新して新編成となったが、昨年12月に名古屋で見たライブでは、これまでの曲も全く別のものに生まれ変わっていた。恐らく今は AOR の方向に進んでいるのだと思う。ライブポスターは Steely Dan の Gaucho のパロディーだったし、陸の上の晩餐は、僕の知ってる音楽の中では、Fourplay の Between the Sheets に雰囲気がそっくりだ。
しかし実は、個人的にはAORに対して苦手意識がある。幼い頃に父が車の中で Fourplay をずっと流していたのを聞いていたのだが、あれは子供には難しすぎた。そのころの名残で、今でも若干の拒否反応があるのだ。

ceroをきっかけに、AORへの苦手意識も拭い去れるのかな。

さて、次のアルバムは新編成となってから初の音源となるので、どうなるのか期待しています。とはいえ、シングルが出たばかりだから、しばらく待たなくてはいけなさそうですけどね。本当はこの最新のシングルのよさについても語りたいのですが(特に街の報せのPVは本当に素晴らしい)、僕の言いたいことが全部書いてあるサイトがあったので、リンクを貼るにとどめておきます。

ceroの新曲「街の報せ」邦楽と洋楽のいいとこどり - BASEMENT-TIMES

僕のつたない文章ではあれなので、終わりに cero をより一段深く理解するための道しるべとなるサイトをリンクします。

公式サイトのインタビュー集

『My Lost City』は、君の足元に その1 ~ceroの音を聴け~Add Star - 静寂(しじま)を待ちながら
cero『My Lost City』 - 青春ゾンビ

cero 『Obscure Ride』(Raw) - いまここでどこでもない

2017年2月19日

歴史って何のために勉強するんですか?

 もし、過去に戻って、中学生または高校生の自分に説教できるとしたら。

 僕は「理系だからとか言い訳してないで、ちゃんと歴史を勉強しろ!」と蹴りを入れると思います。

 当時は大が付くほどの歴史嫌いで「覚えることが多すぎる」「徳川家はみんな似たような名前で区別がつかない」「そもそも俺は今の時代に生きているんだから、昔のことを勉強することの意味が分からない」などと屁理屈こねくり回していました。高校最後のテストが終わった瞬間に「よし!俺の人生に歴史がかかわってくるのはこれっきりだ!」と大きくガッツポーズをしたのを覚えています。

 さて、どうして今さらになってこのように後悔しているかというと、前回書いたように岐阜を巡る日帰りツアーを始めることにしたのですが、それに伴っていろいろと岐阜に関する本を読んでいると、あまりにも分からないことが多すぎてなんだか悲しくなってくるんですね。

 例えば、今手元にある本を引用すると(岐阜「地理・地名・地図」の謎 松尾一 P57-58)

 戦国時代半ば、岩村城は源氏に仕えた一族の子孫である遠山景任が城主だった。織田信長が美濃国を支配したあとも、景任は岩村城を任された。景任への信頼の証から、信長は叔母の、おつやの方を正室をして嫁がせている。加えて、8歳の五男、御坊丸も養子に送った。
しかし、甲斐国(現・山梨県)や信濃国(現・長野県)を支配する武田信玄が織田家と敵対するようになる。そして1571(元亀2)年に景任が病死したことで、おつや方の運命は大きく変わることとなる。
 武田信玄が国境を越えて東美濃に攻めかかると、当時四方を敵に囲まれていた信長は、岩村城に援軍を送ることができなかった。そこで、おつやの方は降伏し、岩村城と養子を明けわたしてしまう。そればかりか、武田方の武将で新しく岩村城の城主になった秋山虎繁(信友)に嫁いでしまう。信長が怒ったのは、いうまでもない。

 これを読むと、僕みたいな人は「織田信長」「武田信玄」という超有名ワードだけに反応して「織田信長と武田信玄が戦ったんだ~。じゃあ岩村城って歴史的な価値があるところなんだな~」くらいの間抜けな感想しか出てこないわけです。知っている人名だけに反応して終わってしまう自分がなんだかバカみたいで、居た堪れない気持ちになってくるのです。

 読む人が読めば、織田信長や武田信玄を始め、おつや、御坊丸、秋山虎繁が生まれてから死ぬまでどこで何をしたのかという背景知識を持っていて、そういった全体像の中でこの戦いがどういう意味を持っているのか、重要性を理解できるのでしょう。そして実際に岩村城跡に足を運べば、当時の戦いの様子を頭の中で思い描き、自らもその場に居合わせているかのような気持ちになれるのかもしれません。

 それくらいできたら楽しいのだと思うのですが、歴史を勉強しなかったせいでそういった感動を味わえないのが悲しいわけです。「全体像の中でこの戦いがどういう意味を持っているか」ということを知るには学校の歴史の授業が一番ですからね。昔の僕はそのチャンスをみすみす逃していたわけで、本当に、過去に戻れるなら説教してやりたいですよ。「そんな屁理屈こねていると、お前これから、観光の楽しみの半分を失うんだぞ! 史跡を見に行っても"徳川"とか"豊臣"とか知ってるワードが出てきたらちょっとテンションが上がって、それで終わりになっちゃうんだぞ!」と言って。

2017年2月8日

岐阜を巡る日帰りツアーを始めます

 思いついたので、岐阜を巡る日帰りツアーを始めることにしました。

 http://minotrip.site
 ドメインも取って、新サイトを作りました。

 しばらくこのホームページも更新していなかったのですが、直近で書いた「岐阜県関市のディープなドライブスポットを紹介します」がずっと頭のどこかに引っかかっていて、これをブログの1記事で終わらせるのはもったいないと思い、岐阜(特に美濃地方、岐阜の南半分)を巡るツアーという形で発展させることにしました。

 新しいサイトはまだ全然作成途中ですが、さくっと公開しておきます。第1回のツアーも早速始めます。このホームページを作ったときも、表紙しかない状態で公開して、あとからどんどん追加していったのが結構楽しかったので、今回も「まずやってみる」の精神でいきます。

 余談ですが、ドメインの更新料って高いんですね。新しいサイトは .site で取得したのですが、取得が99円で安いと思ったら、実は1年ごとの更新料が4000円! こっちサイトは .com ですが、取得は1200円するものの、更新料は1300円。長期的に見れば .com の方が圧倒的に安いです。
 新しいサイトもちゃんと名前を決めたらすぐに変更する予定だったので、別に更新料が高くても構わないです。今はとりあえず「美濃の小旅行」と名前を付けたのですが、相変わらずネーミングセンスがないので、折を見て名前を決めてドメインも変更します。といいつつ、ずるずるいきそうで怖いんですけどね。

2016年11月5日

岐阜県関市のディープなドライブスポットを紹介します

 岐阜県の中で比較的メジャーな所といえば、岐阜市街の柳ケ瀬・下呂温泉・白川郷などで、これらの場所は観光誌などから様々な情報が得られるかと思います。僕も柳ケ瀬と下呂は何回か行きましたが(白川郷はまだ)、なかなか興味深いところでした。しかし、ここではあえて関市にスポットを当て、あまり知られていないディープなおすすめスポットを紹介しようと思います。

 なお、いずれも電車では行けないので、車必須です。

①21世紀の森公園

 「株杉」=伐採された杉の上から新しい杉が生える という珍しい形をしたスギを見ることができます。こんな感じの株杉が約100本あります。

 まるで指先が奇妙なまでに伸びた悪魔の手のように見えて、おぞましさのあまり背筋が凍りそうになりました。


 僕の写真ではイマイチすごさが伝わらないですね(汗)。こちらのサイトの写真がかなりよく撮れているので、リンクを張っておきます。


▲株杉エリアの奥は、山道につながっています。

▲入り口から撮影。下に見えるのが駐車場です。

 なお近くには、この辺りでは有名なモネの池があります。僕個人としては株杉の方が好きですが、お時間のある方はそちらも見てみると面白いと思います。

②高賀神水庵

 「ここ、何かあるのかな」とふらっと横道に入ったら、たまたま見つけました。

 地下60mからくみ上げられる水は、とてもまろやかでおいしいです。100円払って水筒を補給。複数人いても、1回100円でOKです(多分)。


 他のみなさんは、ポリ容器いっぱいに詰めておられました。多分近所に住んでる人で、定期的にここに水を汲みに来ているのでしょうね。

③国道256号線+県道52号線

 急に「スポット」ではなくなりました(笑) でも、この道が走っていて楽しいんですよ。まず、信号がないからストレスフリー。基本的には板取川を横目にしながら走るのですが、時々森の中に入ったり、小さな村の中に入ったりと、景色が全く飽きないです。

 なお、上記の2か所は県道52号線にあります。もっと進むと 以前紹介した神明温泉すぎ嶋 があるので、温泉に向かいながら(帰りながら)途中で寄り道していくのがベストだと思います。

具体的なスケジュールとしては

 正午:岐阜市あたりで腹ごしらえをしてスタート
 1時半:神明温泉 すぎ嶋(写真下)
 3時:21世紀の森公園(①)
 4時:モネの池
 4時半:高賀神水庵(②)
 6時前:岐阜市あたりに到着

って感じですかね。あとは出発時間に合わせて順番入れ替える感じで。途中でご飯を食べるなら「水と緑のふる里森の駅」の蕎麦がおいしいです。


▲神明温泉 すぎ嶋

 以前旅と旅行に優劣はあるのかという記事で簡単に書いたことを、今回は具体的に書いてみました。
 おいしいラーメン屋を見つけたら友達に教えたくなるのと同じように、いいものを見つけたらつい誰かに言いたくなりますよね(笑)

 関市にお越しの際は、ぜひ1日時間を取って立ち寄ってみてください。おすすめです。もし僕の知り合いが読んでたら(知り合いじゃなくても)連れていけるので、気が向いたらご連絡くださいませ。

2016年10月25日

シンプル・イズ・ベストで、必要最低限をとにかく安く

 ついこの間まで「宿泊費って高いんだ」ということを知りませんでした。2週間ほど前の3連休を使って東京に遊びに行ったのですが、ホテルなんて寝るだけでいいから1泊1000~2000円で見つかるだろうと思っていた自分は甘かったです。ざっと調べたら1泊1万円は当たり前。金曜の夜から新幹線で行く予定だったので、3泊で3万円! 寝るだけなのに…(泣)

 毎晩飲む予定があり、宿には夜遅く帰ってきてシャワーを浴びたら即就寝。だから、アメニティも、充実した施設も、オシャレなロビーもいりません。サービスの質なんて気にしないから、できれば2000円以内でとにかく安くて寝れればOK。ロケーションも都心ならどこでもいい(大学時代、東京で友達と飲んだあと1時間半かけて千葉に帰っていていたのに比べれば、都心ならどこでも”好立地”です)。

 そういう理由でいろいろホテルを探していたら、ありました。エコノミーホテルほていや という、南千住にあるホテルです。さすがに1泊2000円以内は無理でしたが、2900円とかなり安かったです(2人以上だったら1人当たり本当に2000円以内になる)。南千住はここに限らず、通称”ドヤ”と呼ばれる安宿がたくさんあり、門限の有無など多少の差はあれど、おおむねこのくらいの値段で寝泊まりができるようです。


▲広さ3畳。本当に必要最低限に抑えてあります。冷蔵庫があるのが意外と便利でうれしい。

 エコノミーホテルほていやのホームページに書いてあるのですが

ホテルの無駄なサービスと上乗せされる宿泊代…
『ほていや』はそのことに今まで疑問を感じていた旅行者にピッタリの宿泊システムです

 余分なサービスなんていらないから、ソリッドな中身だけがほしいというのは本当にそう思います。言い換えるなら「明朗会計」で、高い値段の中にどんなサービス料金が含まれているか分からないようなものよりも、目に見える分だけのものを最低限の料金でポンと分かりやすいものの方が気分がいいです。
 ホテル以外では、例えばスマホ。「機体0円」と言っているのをよく見ますが、「絶対そんなわけないじゃん!」と思います。そこで安くなっている分、絶対にどこかでツケを払わされているわけで、それが毎月8000円などといった通信料金などに含まれているのだと思います。冷静に考えれば、8000円なんて高すぎるから、通信料以外にいろいろ入っているのだと思う。その内訳が分からない感じ、ウヤムヤにされている感じがいや。
 その点、MVNO(通称 格安SIM)は分かりやすいです。まず、機体そのものは3万円くらいします。それは確かに大きな出費だけど、いろんな技術がこのちっちゃいコンピュータの中に詰め込まれているのだから、3万円くらいするのは納得できる。そして、SIMカードの通信料は毎月1600円。それで電話もできてネットも使えるんだから、文句はない。出費は以上。大変わかりやすい。それに何より、安い。

 千葉 → 静岡に引っ越しをした時も、大手の引っ越し専門業者は使わずに、赤帽にお願いしました。聞いた話なのですが、大手の業者だとネットには5万円と書いてあるからそれだけで済むと思ったら、5万円分のスペースが厳密に決まっていて、それを超えたらスペース2つ分で10万円、3つ分で15万円と、なんだかんだで最初に思っていた金額よりもどんどん高くなる、とのことです。いかにもありそうな話だと思いました。自転車やソファがあったりしたら、スペース1つ分なんてすぐに埋まってしまいます。5万円で全部収まるように見せるのもちょっと姑息な感じがしてイヤだし、仮に10万円で済んだとして、そのうち本当はいくら”引っ越し料金”がかかっているのか、そのあたりのシステムが分からない感じがモヤモヤして気が進みません。
 その点、赤帽の料金体系は分かりやすくて、電話で「千葉から静岡に引っ越ししたいんですけど、いくらくらいになりますか?」と聞いたら「ああ、○万円でいいですよ」と言われ、当日は赤帽のおじさんと一緒に荷物を軽トラ1台に詰め込んで、助手席に乗せてもらって静岡まで一緒に移動し(だから交通費が浮く)、到着したら一緒に荷物を降ろして、最初に言われた金額を払って、それだけでした。具体的な金額は差支えがあるので伏せましたが、思っていたよりも全然安かったです。内訳もわかりやすいですね。実費はガソリン代と高速代で、それ以外は取り分。おまけに移動中にはおじさんのイイ話もついてきます(笑)
 (ちなみに「赤帽」というのは業者の名前ではなく、連合の名前です。それぞれが「赤帽」の名前を使っているだけで、あくまで個人事業主です。なのでここに書いたようなサービスが必ず受けられるわけではないと思います)

 そんなわけで、シンプル・イズ・ベストがいいです。こういうところは必要最低限に、安く済ませるのが僕のポリシーです。